モンスターハンターの世界

モンスターハンターの世界は、未開の大地が舞台として採用されていて、魔法や、超自然的技術も存在しないファンタジーというよりは、原始的な狩猟生活を全面に打ち出した作りになっています。また、登場するキャラクターやモンスターもマタギや恐竜といった実在のモチーフを使用しているようです。ゲームを通販で購入すのも困難なほど人気の高いゲームが、モンスターハンターなのです。
話が少し逸れてしまいますが、ゲームの息抜きにダーツで体を動かしてみてはどうでしょうか?ダーツの後は的を狙うように、モンスターの弱点を狙ってみると、今まで倒せなかったいモンスターも倒せるようになるかもしれませんよ!

 

 

モンスターハンターに登場するモンスターたち

モンスターハンターのモンスターには独自の習性から繁殖方法などにいたるまで細かい特徴が設定されています。また、姿形は、小型肉食竜から中型の草食竜、大きなイノシシ、巨大な昆虫などモンスターと呼ばれつつも実際の生物をベースにデザインされており、扱いも作品世界に生息する多様な"生物"の一種として描写されています。

 

例外として特異な能力を持っており、生態系の上位に立つワイバーンと呼ばれる飛竜種が存在し、この種族だけは火を吐く、ガスを噴出するといった特殊能力を持つっています。しかし、それぞれの特徴はやはり生態に基づく物で、あくまでも、生態系の中にある生物種の一個体として扱われています。

 

また、モンスターハンター2からは、多くの謎に包まれた「古龍種」と呼ばれるモンスターが登場し、このモンスターは巨大な体躯で砦さえ破壊する者や風のバリアをまとって弓矢を弾き返す者、粉塵爆発の原理で周囲一帯を爆破する者など、飛竜種すら超越した"天災"と表現されるほどの能力を持っています。

 

これらのモンスターを討伐、または捕獲する事が多くのモンスターハンターの目的といえます。モンスターハンター2以降ではは、討伐と捕獲をまとめて「狩猟」と呼ぶようになっています。

 

 

モンスターハンターでの武装

モンスターハンターでの武装は店で購入する他、クエスト中に入手した材料を利用して生産・強化したり、既存の物を改造する等してより強力な物を入手するというのが基本になります。材料の中にはオンラインモードでしか入手出来ない貴重な素材を多数必要とする物もあり、強力な武装を手に入れるためにはそれなりのリスクと苦労が必要となるように設定されています。この材料は狩猟したモンスターの外皮や爪、牙、臓器等を利用したものが多く、装備の外観にもそれらが活かされています。

 

また、武器については、カテゴリーによって操作方法が全く異なる仕様になっているため、多人数プレイにおいては武器の特性の違いによる役割分担が行われることが多いようです。

 

 

 

モンスターハンターでの防具

武器と同じようにモンスターハンターでの防具は、狩猟場所などで得た鉱石や骨などの材料や、モンスターから剥ぎ取った素材から作るというのが基本となります。元となった素材や組み合わせによって防具の外見も変化していくのも武器と同じです。

 

性能も素材のステータスを引き継ぐことが多く、例えば火属性に弱いモンスターの素材で作ると、火属性に弱い防具ができたり、毒を持つモンスターの素材からは、毒を無効化する防具ができたりと、素材となるアイテムやモンスターの性質を反映した能力や属性への耐久性を持つ防具が作られることが多くなっています。

 

また、特定のモンスターの名を冠する防具を所有し装備していることは、そのモンスターを打ち倒したという証明にもなっており、強いモンスターから作られた防具は希少性や性能が高いため装備しているとモンスターハンターの世界では英雄になれるかもしれません。

 

モンスターハンターの防具には、それぞれにスキルポイントと呼ばれる特殊な補助効果を発生させるための累積値が設定されていて、装備する防具によってその合計が一定値を超えたスキルのみが発動する仕組みになっています。このためプレイヤーは自分のプレイスタイルに合ったスキルを、ゲーム進行の補助とすることができます。また、スキルポイントを追加できるアクセサリーを装着するためのスロットを持つ防具も存在しています。しかし、防具の中には、能力が向上するがスタミナの減りが増大するなど、プレイヤーに不利なスキルが同時発生してしまうものも存在していて性能が高いからといって油断はできません。

 

A FREE LINK

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。