モンスターハンターシリーズ紹介(前半)

2004年に最初のモンスターハンターが発売されてから現在まで、7作品ものシリーズが発売されました。ここではシリーズ毎の特徴を紹介しながらモンスターハンターの歴史を振り返ってみたいと思います。

 

 

モンスターハンター (MONSTER HUNTER)

記念すべきシリーズ第一作目その名も「モンスターハンター」は2004年3月11日にプレイステーション2専用ソフトとして発売されました。発売前は、プレイヤーや各メディアからそれほど注目を受けていませんでしたが、時間がたちプレイする人が増えていくと口コミで人気が高まりました。また、サービス初期ということもあり発売からしばらくの間、サーバーの能力不足によるサーバーダウンが相次いで起ており、サーバー増強を幾度も繰り返していました。初代に当たる本作は、プレイヤーの間で「無印」とも呼ばれています。

 

ゲーム内容としては、オフラインモードではココットという辺境の村、オンラインではミナガルデという大きな街を拠点として、「森と丘」や「砂漠」など、特色豊かな狩場へ旅立っていきます。武器は「片手剣」「大剣」「ランス」「ハンマー」「ボウガン(ヘビィ/ライト)」の6種類。また防具のスキルシステムはこの頃はまだ、数値累積ではなく、同一モンスターの名を冠した防具を統一して着用すると発動する仕組みでした。

 

この頃のモンスターハンターのテレビCMの終わり方が、ハンドル式の肉焼き機を使って焚き火で肉を焼くムービーに「上手に焼けました〜」という台詞が入ったものであったことから開発陣の談話では、「CMで肉を焼いているゲームください」と注文する購入者がいたというエピソードがあります。

 

 

 

モンスターハンター G (MONSTER HUNTER G)

シリーズ2作目となる今作「モンスターハンターG」もプレイステーション2専用ソフトでした。前作の好評を受けて製作された続編となる今作ですが、開発をしていたカプコンでは「モンスターハンターの廉価版を出せばよいのでは?」という意見があったそうです。しかし、ただの廉価版を出すことに抵抗があったスタッフはアップグレード版の開発を考えており、これと時を同じくして、北米版のローカライズをしていたスタッフの1人が「双剣」のモーションを持ち込んだ事がヒントとなり「アップグレード版」のモンスターハンターを作る事が決定しました。

 

この「モンスターハンターG」では新モードである訓練所が導入され、新たな武器「双剣」の導入に加え既存カテゴリにも多数の武具が追加されました。他にも防具の組み合わせにより発動するスキルの発動条件が、特定防具の組み合わせではなくスキルポイントの合計に変更されるなどの変更、調整が行われています。また、オンラインモードのクエストに上級クエストの次の段階に当たるG級クエストが追加されており、通常と体色の異なる亜種、希少種のモンスターが登場します。

 

 

 

モンスターハンター ポータブル (MONSTER HUNTER PORTABLE)

モンスターハンター ポータブルは携帯ゲーム機にプラットホームを移し2005年12月1日にプレイステーション・ポータブル(PSP) 専用ソフトとして発売されました。ゲーム内容は「モンスターハンターG」をベースにしており、村の中で栽培や採掘、採取が行えるココット農場の追加、従来の食事システムを拡張したアイルーキッチン等、システムの大幅な拡張が行われており、さらにはこの後に発売となる「モンスターハンター2」に登場する一部の武具が追加されています。このモンスターハンターポータブルはシリーズ最大のヒットとなり、発売当初65万本を出荷してPSPソフトの国内最多を記録しました。さらに、2007年には最新作『モンスターハンターポータブル2nd』発売に合わせて低価格化されたことで、累計販売本数が100万本を突破し、2006年に行われた日本ゲーム大賞では特別賞を受賞しています。

 

 

 

モンスターハンター i (MONSTER HUNTER i)

「モンスターハンターポータブル」の売り上げ好調を受けて、モンスターハンターは携帯電話業界にも進出しました。この「モンスターi」は、DoCoMo・FOMA90Xシリーズの携帯電話向け配信された携帯電話用アプリケーションで『丘と密林』『沼と砂漠』『岩地と火山』の3種類のアプリに分かれています。

 

またこの後、FOMA903iシリーズ向けメガiアプリとして3種のアプリをまとめたパックが配信され、さらにau向けのEZアプリ(BREW)版も配信されました。このアプリはFOMASH903iにプリインストールされていますが『モンスターハンターi for SH』というタイトルになっていて名称に若干の違いが見られます。EZアプリ版にはiが付いておらず、単に『モンスターハンター』と言うタイトルとなっているが、内容は同じものです。

 

ゲームの仕様はPS2版『モンスターハンター』を携帯電話用に移植したもので、対応機種の性能を生かしたフル3Dで原作の雰囲気を再現してます。

A FREE LINK

このページは、リンクフリーです。どのページでもご自由にリンクをお張りください。